処分を怠った場合~ねずみ駆除は徹底的に~

ねずみは細菌を持っていることが多い危険な害獣です ねずみは細菌を持っていることが多い危険な害獣です

半端なねずみ駆除・処分は仕返しされることもある~恐ろしい復讐劇~

悩む女性

恨みを持つのは人間だけではなく、動物も持ちます。ねずみだって例外ではなく、半端なねずみ駆除で処分しきれなかった場合は、ねずみが怒りのあまり人間に復讐することもあります。ここでは、そんな復讐に遭った人の話を聞いていきましょう。

ねずみ駆除したことで起きた復讐劇

実際に起きた話ですが、アメリカのシカゴで老人がねずみ駆除の際に、ねずみを生きたまま焚き火に放り込んだ事例がありました。火達磨になったねずみは、一心不乱に老人宅に突進し、家を全焼させたという記録があります。その際、ねずみは狭い隙間に潜り込み、木造だったので家は二時間以上燃え続けたといわれています。

ねずみの敵でもある猫も被害に・・・

猫はねずみを襲いますが、その逆もあります。中国のとあるスーパーマーケットでは、猫を飼育してねずみ狩りを行なっていました。しかし、ねずみが生後間もない子猫を襲い、皆殺しにしたという話が報道されています。親猫がいない隙を見計らって行動を起こし、人が駆けつけた時にはすでにねずみはいなくなっていたようです。

恐ろしいエピソードだけじゃない!ほっこりねずみの恩返し

ねずみからチョコをもらいました(40代/男性)

小さなねずみが住み着いていました。家にさして被害はなく、殺す気にもなれなかったのでお遊びで餌をあげたらお礼のつもりかチョコレートを持ってきました。ホコリまみれだったので食べることはできませんでしたが、少し嬉しくなりました。

色々なエピソードがあるがねずみ駆除はしておいた方が良い

上記のような微笑ましいエピソードもあるにはありますが、基本的にねずみを見つけたら駆除を行ない、処分しましょう。甘やかしているとあっという間に繁殖し、家に甚大な被害しか与えません。

TOPボタン